土地活用にもいろいろな方法があります

土地活用にはいろいろな方法があります。アパートやマンションを建設すること、駐車場を作ることがイメージされやすいですが、それは土地活用の例のほんの一部となります。土地として貸す、土地を売却する、ということも活用方法となります。全ての可能性を踏まえて、土地活用を検討してみると良いでしょう。検討するにあたって重要なことはいくつかあります。まず考えなければならないことは、土地活用をする目的が何なのかということです。

もしも、固定資産税や相続税を節税したいというのであれば、土地を売ってしまったり、土地を貸してしまうよりも、更地にマンションやアパートを建設して、賃貸をする方がメリットが大きいと言えます。一方、手元キャッシュが欲しい場合には、土地を更地のまま貸し出して賃料をもらうよりも、思い切って売却してしまう方が良いです。目的が決まったのであれば、その目的を達成するためにどのような手段をとることができるかということを検討しましょう。自分が商業ビルを建設することを希望していても、法令などにより、規制がかかっている場合もあります。自分が取るべき手段が問題ないかどうかということをしっかりと確認しておくと良いです。目的と手段が決まったら、投資効率を計算してみましょう。更地で貸す場合にはほとんど費用がかかりませんし、駐車場であれば少額で済みますが、マンションやビルなどを建設することになると、投資額は億を超えることも覚悟しなければなりません。

失敗が許されない金額となります。周囲の賃料相場を確認し、自分が投資するべき金額と見比べて妥当かどうかを検討しましょう。収入と支出については厳し目に見積もっておきましょう。計画を上振れる実績が出るようであれば喜ばしいことですが、計画を下回るような実績となった場合、折角の土地活用が自分の生活を圧迫する事態となり得ます。土地にマンションやビルを建設する場合、建物が完成した時点で全てが終わるわけではありません。ようやく土地活用の準備ができただけのことです。実際に稼働してからは、いかに収益を維持していくか、上げていくかということが重要なポイントとなってきます。土地活用を提案してくれる不動産会社や建設会社は数多くあります。いろいろな提案内容を見てみて、その中から、自分の目的にあった納得するプランを選びましょう。充分に時間をかけて、少しでも疑問が生じたら、提案してきた会社に問い合わせるようにしましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

*